出産、帝王切開、子宮蓄膿症

出産

犬の出産

近年は、犬も室内で飼うことが多くなり、運動不足・肥満・栄養のアンバランス・精神力低下などが原因で、動物としての本能を失ってきているようです。そのため、出産時にも人間の介助が必要であることが増えてきており、特にチワワ・ミニチュアダックス・マルチーズ・ヨークシャテリア・トイプードルなどの小型犬は難産になりやすい傾向があります。犬の出産を考えている方は、きちんとサポートをしていくようにしましょう。

犬の出産過程

犬の妊娠期間は平均63日ですが、当然個体差がありますので、妊娠55日目以降にX線検査や超音波検査を行って、赤ちゃんの大きさから出産予定日を割り出します。また、58日目くらいからは1日3回直腸温を測るようにし、犬が落ち着く場所も用意します。

第1段階

通常37.2度以下の体温降下が見られ、そこから6~12時間後には陣痛が始まります。この間は、落ち着きがなくなる・巣作り行動を始める・食欲が低下する・嘔吐する・頻繁に排尿するといった行動が見られます。

第2段階

下がっていた体温が正常体温に戻り、背中を丸めてお腹を緊張させる陣痛行動を始めます。
一次破水によって透明な液体が出てきて、水風船のような羊膜嚢が陰部から顔を出します。
その後、羊膜に包まれた状態か羊膜が破れた状態で赤ちゃんが出てきます。

第3段階

出産から15分後くらいに胎盤が出てきます。お母さんが食しますが、下痢を起こすこともあるので与えないようにしましょう

※これらの分娩を1胎子につき1時間~1.5時間くらいで繰り返していきます。

猫の出産

一般的に、猫は犬に比べて難産になる確率は極めて低いのですが、アメリカンショートヘアなどの純血種では難産が増えてきています。犬の場合ほど気を揉む必要はありませんが、やはりできるサポートはきちんとしていくようにしましょう。

猫の出産過程

第1段階

出産間近になると体温が下がります。事前に肛門で体温を測る練習しておき、体温が下がった後は朝と晩に体温を測って猫の様子をよく観察しましょう。また、猫は暖かくて暗い隔離された場所を探すようになります。

第2段階

数回の陣痛があり、その後、1~2頭の赤ちゃんが出てきます。

第3段階

母猫は、生まれた赤ちゃんの呼吸や動きを刺激するために荒々しく舐め回し、へその緒を咬んで切断します。1時間以内に次の赤ちゃんが生まれますが、それまでは既に生まれた赤ちゃんのお世話をします。

帝王切開

帝王切開とは

準備中です

帝王切開のメリット・デメリット

メリット

準備中です

デメリット

準備中です

帝王切開の流れ

STEP1帝王切開の判断

陣痛が弱い場合は、まず陣痛促進剤を投与し、獣医師が出産のサポートをします。それでも自然分娩が難しいと判断された場合は、速やかに帝王切開に切り替えます。

STEP2手術の実施

お腹の毛をバリカンでカットし、開腹して赤ちゃんの入っている子宮ごと摘出し、さらに子宮を切開して胎児を取り出します。胎盤が子宮から外れると母体からの酸素供給がストップしますので、身体をこするなどの蘇生処置をして自発呼吸させます。全ての赤ちゃんと胎盤を子宮から取り出したら、切開した子宮を縫合し体内に戻して、最後にお腹を縫合します。

STEP3帝王切開後

お母さんは、麻酔から覚めるとすぐに赤ちゃんの面倒を見始めます。初産の場合や飼い主に強く依存している場合は、赤ちゃんに感心を示さないこともありますが、母乳を吸わせることで母性本能が働き始めます。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは、犬・猫・ハムスター・ウサギなどがかかる病気で、その名の通り、子宮に膿が溜まります。避妊手術をしていないと中高年(6~7歳)くらいでよく発症します。

原因

発情期の雌は、雄の精子を受け入れやすくするために、身体の免疫機能が低下します。この時期に大腸菌などの細菌が膣内に侵入すると、炎症が起こり子宮内膜炎になります。そしてさらに悪化すると化膿して膿が溜まることになり、これを子宮蓄膿症と呼んでいます。この病気は、高齢なほど、そして出産経験が少ないほどなりやすいと言われています。

症状

子宮蓄膿症には、子宮内に溜まった膿がおりものとして膣から出てくる「開放型」と、膿が出てこずに子宮内に溜まる「閉鎖型」があります。いずれも発熱・食欲不振・嘔吐・下痢・多飲多尿などの症状があり、閉鎖型の場合は子宮内の膿が溜まりすぎて破裂すると、膿が体内に飛び散って、最悪ショック死を引き起こすこともあります。

治療法

抗生剤などを使って細菌の繁殖を抑え込む内科的療法もありますが、再発や薬の副作用の可能性があります。そのため、外科的療法で卵巣と子宮を摘出してしまうのが確実です。

予防

避妊手術をすれば100%の予防が可能ですが、もし避妊手術を行わない場合は、陰部の清潔を心がけるようにしましょう。