2013.05.28更新

ペットの去勢手術や避妊手術は、望まない妊娠を避けるために行われていましたが、最近はペットの健康のために行うことも少なくありません。
また、発情期に攻撃的になる、逃避癖が出るなどの問題行動を回避するために手術を行う場合もあります。

手術は生後5、6か月から1年ぐらいが最適です。
手術は早めの方が基本的には良いとされています。
矯正、避妊手術のメリットは、望まない妊娠を避けることができるだけでなく、子宮の病気や乳腺ガンなどの発症率が少なくなるということです。
また、オスの場合には、マウンティング行動や攻撃性が軽減されるというメリットや前立腺や肛門周辺の腫瘍などの予防にもなります。

しかし、手術することによって太りやすくなるという傾向があることは否めません。
また、術後の感染や尿失禁などが起こる場合もあります。

ワンちゃんやネコちゃんの去勢手術や避妊手術を希望される方には、メリットとデメリットについても詳しくご説明いたします。
手術についてわからないことなどがある場合には、お気軽に堺市のふくだ動物病院までご来院ください。