2014.03.20更新

今現在、自分で管理できないペットが世の中に増えております。
無計画で出産してしまうと、保健所に預けることにもなってしまいます。
飼い主のかたも、ペットも安心して暮らすには、手術が必要です。
ペットのことを想うのでしたら、ぜひ、去勢・避妊手術をおこなってください。
わからないことは、大阪府堺市の動物病院の当院にご相談ください。

手術の方法は「卵巣、子宮の全摘出」が多くおこなわれています。
以前は、「子宮蓄膿症」を発症してしまうことがありましたので、
全摘出が主流になっております。

大きなメリットは、無計画な子供を産ませないことや、
病気の予防に繋がることです。子宮を完全に取るので、
子宮に関する病気はなくなります。
避妊をしないでおくと、子宮の病気の危険性は
大幅に上がってしまいます。
ほかにも、「乳腺ガン」は年をとった犬や猫に多い病気ですが、
およそ生後2年以内に避妊手術をおこなうと、
発症率が非常に下がります。

特にデメリットはないのでぜひ、大阪府堺市の動物病院の当院で
ぜひ、治療をしてください。予防できる部分は早めに治療するのが、
ペットには一番です。わからないことや、不安なことは、
まず、大阪府堺市の動物病院の当院でご相談ください。

投稿者: ふくだ動物病院