2014.03.24更新

犬の女の子は小型犬で大体生後7カ月から10カ月頃、大型犬で生後8カ月から12カ月頃に最初の発情を迎えます。
その前に避妊手術をしておかれることをおすすめしていますので、生後6カ月頃から対応しています。
犬の男の子の去勢手術も生後6カ月頃から対応しています。

猫の女の子は大体生後5カ月から12カ月前後で成熟して1回目の発情期を迎えます。
その1回目の発情期の後が避妊手術に理想的な時期ですので、大体生後6カ月頃以降から、猫の男の子は生後10カ月前後以降の手術が適切かと思われます。

生まれて間もない頃に家族の一員となり「うちの子はまだ子供」と思っていても、ペットの生後半年というのはビックリするぐらい早く過ぎるものです。
前もってカレンダーに印をつけておくなりして、飼い主さんが気をつけてあげましょう。

投稿者: ふくだ動物病院