内視鏡検査、超音波検査

内視鏡検査

犬や猫の胃腸も、人間と同様に内視鏡を使って直接観察することができます。

以下の症状が見られるときには、早めに検査を受けて頂ければと思います。

  • 慢性的な嘔吐や下痢がある
  • 血便・黒っぽい便・ゼリー状の便が続いている
  • 食べたものをすぐに吐いてしまう
  • 異物を飲み込んでしまった

内視鏡で、できること

内視鏡は、胃や腸の中を直接観察することができ、細胞を採取して悪性か良性かの病理検査を行うことも可能です。また、異物を飲み込んでしまった場合には、直接摘出します。

超音波検査・画像検査

超音波検査は、麻酔・開腹などをせずに身体の外からレントゲンでは検査できない箇所を調べることができます。特に、心臓・肝臓・胆嚢・腎臓・脾臓・副腎・卵巣・前立腺・リンパ節・眼内・膵臓などの異常を見つけるのに適しており、血流を調べることも可能です。

当院では人間にも使われる超音波検査機を導入しており、小さな病変なども鮮明に映し出すことができます。どんな病気でも早期に適切な治療を受けることが重要ですので、年に1回は定期健診を受けるようにしましょう。

 

病気の診断に大切な臨床経験とは視覚・聴覚・触覚・嗅覚などの獣医師に備わる感覚を総動員させ、科学的な裏づけ得て結論を導き出す、いってみれば科学者による職人作業のようなものです。
近年は画像診断技術が進歩してきており、わんちゃんやねこちゃんに負担をかけずに身体の中を調べられるようになってきました。
特に当院では非侵襲的かつオンタイムで画像を作り出す超音波検査を多用するためにエコー検査の設定料金を抑え、常に稼動できる体制を取っています。